個人型確定拠出年金の利用目的は?お得な点に何がある?


国民年金などで足りない分を補える

若い間は仕事ができ、仕事によって収入を得ます。働いても生活費が足りないなら、もっともらえる仕事に転職したり副業したりといろいろな選択ができます。では老後はどうかです。老後でも仕事をしてその収入で生活ができれば最高ですが、体や頭がなかなかついて行かない可能性があります。一応仕事ができなくても年金があるので、そちらを頼りにするしかないでしょう。ただ国民年金などだけでは足りない可能性があります。そこで利用したいのが個人型確定拠出年金です。国民年金などのように誰もが加入するのではなく、自分の意思で利用するかどうかを決められます。上限はあるものの拠出額も自分で決められ、さらに自分で年金資産を増やして行ける仕組みです。

自分で資産形成するよりも得になる可能性

国の年金制度として国民年金や厚生年金があります。毎月保険料を払っておくと将来年金を受けられます。自分で用意する確定個人年金のように払い込んだ金額を元に年金が決まるわけではないので、かなりお得な制度とされています。ただ必ずしも年ごとの給付額が多いと言えず、自分で資産形成をして備える必要があるでしょう。通常は定期預金や他の金融商品などで資産形成を行いますが、それなら個人型確定拠出年金を検討しましょう。運用商品として定期預金や投資信託が選べるだけでなく、拠出額を所得控除できるメリットがあります。ただし自分で資産形成するときのように途中で引き出したりができません。途中で引き出せないのはデメリットですが、確実に年金が用意できる面ではメリットになります。

iDeCOとは「個人型確定拠出年金」の愛称です。60歳までに毎月一定の掛け金で金融商品を運用し、60歳以降に運用した資金を受け取るという仕組みです。税制優遇などのメリットがあります。