事業資金に困ったら!ファクタリングの利用を検討しよう!


ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権を譲渡することで資金化することです。売掛債権とは商品やサービスを提供した時、その料金を請求できる権利のことをいいます。クライアントに商品やサービスを提供しても、その料金がすぐに支払われるとは限りません。契約の状態によっては、数週間後や数ヶ月後に支払われることもあります。しかし、運営資金などが足りず、すぐに資金調達をしないといけない時もあるでしょう。その時に有効なのがファクタリングです。ファクタリングでは、ファクタリング業者に売掛債権を譲渡すれば、手数料を引いた分の現金が入金されます。

ファクタリングのメリットと注意点

ファクタリングのメリットは、即日の資金調達ができることです。審査が早く、申し込み当日または翌日には現金を受け取れます。ファクタリングは、融資ではなく債権買取です。つまり、譲渡する売掛先の企業が安定していれば、審査には通ります。保証人や担保が必要ないこともメリットです。また、売掛債権を譲渡してしまえば、その後のクライアントとのやり取りはファクタリング業者が行います。ノンリコース制度にすれば、売掛先が未払いなどのトラブルを起こしても、責任を負うことはありません。売掛先の倒産リスクを回避できることはメリットでしょう。

ファクタリングのデメリットは、手数料がかかることです。ファクタリングの種類には、2社間と3社間の2つがあります。2社間ファクタリングの手数料は、買取売掛金額の約10~30%です。3社間ファクタリングの場合は約1%~5%になります。

ファクタリングとは金融サービスの事で、他人が持っている売掛債権を買い取りその債権を回収する事です。幾つかの種類かあり、債権者や債務者と契約して成立させる決済システムです。