イラストには描く楽しさがある…好きなものから描くのがコツ


お客を惹きつけることができる

どこかに描かれたイラストを目にすることはよくあることです。雑誌の表紙になっていることもあれば、バッグのデザインに使われていることもあります。見てもらうために描かれたイラストがほとんどだと思いますが、単なる落書きで描かれたイラストに癒されることだってあります。ショップや商品の宣伝のために描かれるイラストでも、個人の自由な発想で描かれているイラストでも見るととても楽しいものです。このような楽しいイラストを宣伝に使うと、お客を惹きつけるためのアピールになります。

特徴を誇張して描こう

イラストの自由度はとても高くて好きなものを自由に描くことができると、その楽しさというものは言い表せないほど大きなものになります。イラストで生計を立てたいと考えている方はともかく、自由気ままに描くアマチュアのイラストなら何の制約もありません。好きなように描く場合ほど、画題の特徴が誇張されることが多いと思います。対象の形態を意識的に変形させることは、デフォルメと言ってイラストを描く上でよく使われる表現方法になります。

興味のあるものを描こう

知らないものを描く時には観察力が必要になります。どのようになっているのかよく観察しなければならないし、さらに正確に描くという技術も必要になりますから、自分が精通していないものを描くことは非常に難しいことです。しかし元々知っているものなら描きやすいはずです。例えばいつも身につけているイヤリングであったりベルトであったり、自分がいつも身につけて目にしているものは興味を持っているものでもあります。イラストを始める場合は、自分が好きなものから描いていくと上達も早いはずです。

絵が上手くなりたい人の練習手段として、イラストの講座があります。通信教育で、教本やDVD、用具などで勉強する方法です。ネット上でオンライン講座や、ブログ等で独自に無料で解説しているところもあります。