仮想通貨とはどういうもので、今までのお金となにが違うの?


利用者たちが発行と管理を担っている

ビットコインを筆頭に仮想通貨の存在価値が高まっていますが、紙幣や硬貨のような形がないので仮想通貨というものがそもそもなんなのかわからず、いまだにピンとこないという人も少なくないでしょう。では、仮想通貨とはいったいなんなのでしょうか。

仕組みとしては、コンピューター同士が直接接続し合うP2Pという技術がベースになっています。P2Pでつながったコンピューターたちが通貨を発行し、そして、通貨がどのようなやりとりをされているのかを記録していきます。仮想通貨を発行する組織があり、その組織が所有しているコンピューターが通貨を発行しているというわけではないので、特定の組織がなくなったり、特定の誰かが逮捕されたりしても仮想通貨がその時点で使えなくなってしまうということはありません。そういった点で通貨としての安定性はかなり高いといえます。

投機の対象となって価値が上昇

発行システムの安定性は高いとはいえ、仮想通貨は円やドルのように国の中央銀行が作っているわけではないので、基本的に通貨としての信用と価値はありません。では、なぜ特定の仮想通貨の価値がどんどん上昇しているのかというと投機の対象として利用している人が多いからです。投機の対象になっている分、価値の上下動が激しいため、通貨としての使い勝手はあまりよくありません。したがって、今後、日常の買い物をする際にビットコインを使うというケースが増えることはおそらくないでしょう。

ただ、仮想通貨のシステムが、今後、新たな電子マネーシステムなどに流用される可能性は十分あり得ます。

ピットコインの次に時価価格が大きく、注目されているのがイーサコイン。イーサコインとビットコインの比較をし、二つの仮想通貨の特徴と魅力を調べることが大切です。